玉型サボテンの代表種『金鯱』

LINEで送る
Pocket

金鯱
黄金色に輝く強い刺に覆われた濃緑の肌とのコントラストに魅了される、サボテンの王様的存在。
球形に育ち、70~80センチになる大型種。

金鯱
花は褐色。花は刺状の毛で覆われ開く時間が短く、自家受精するため栽培の歴史が長い。

金鯱
実生しても変化の差がほとんどありませんが、刺の変化でいくつかに分けられています。
刺の長い『基本種』、写真の刺の太く短い『短刺金鯱』、刺が湾曲する『狂刺金鯱』、白い刺の『白刺金鯱』、短刺金鯱の中で特に中刺が丸みを帯びて太い選抜品を『王金鯱』、刺が何らかの変化によりなくなりアレオレが白く白条になる『無刺金鯱』などがあります。

無刺金鯱

科名:サボテン科
属名:エキノカクタス属
学名:Echinocactus grusonii
和名:金鯱
原産国:メキシコ
タイプ:夏生育型

LINEで送る
Pocket

金鯱