ハオルチアの入門に最適!『オブツーサ』

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

オブツーサ

ユリ科、アロエ科から、現在はススキノキ科に。

軟葉系ハオルチアの中でも入門に最適なオブツーサ。
その特徴はぷっくりとした葉先が丸く透き通り神秘的な光を取り込む窓を持ちます。

オブツーサ

オブツーサの中でも一番小型で窓が丸く綺麗な種類です。

季節により直射日光を当てると窓が全体的に赤く染まるとお日様は強すぎます。
半日なたの風通しの良い場所を好みます。

オブツーサ

近年ではクリスタルプランツとして販売されています。

呼び名と学名が合っていないのは、現在はあまり使用されない昔の分類の見解を引きずっているためでしょう。

※現在は種や変種の違いに関係なくオブツーサの名を冠して呼ばれることが多い。実質、園芸名に近い扱いである。

科名:ススキノキ科
属名:ハオルチア属
学名:Haworthia cooperi var. truncata
和名:雫石
原産国:南アフリカ、東ケープ川
タイプ:春秋生育型

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

オブツーサ